お役立ち!給水管の更新工事6社

お客様に最適な給水管老朽対策提案します

給水管は日々の生活に欠かせないライフラインの最大の生命線ですが、長い年月が経ちますと老朽化してしまいます。そのためいずれは更新をしなければならなくなってしまいます。しかし更新対策はただ1つの方法だけではなくて複数の方法がございます。

そこで当サイトでは給水管の知識が疎い方のために給水管の更新対策比較サイトなるものを開設しました。当サイトでは最初に給水管が劣化すると配管の内部がどうなるかといったことを写真でご覧いただいきまして、耐久年数がどのくらいであることを示しています。

そして更新するための給水管は現在は材質も複数の種類がありまして、それぞれに特徴があることを比較しています。さらに当サイトでは最近比較的多くみられる既存の給水管の延命工事である更生工事と比較して工事費やその後の変化に関しても比較していますので、ご興味ありましたらご覧ください。

サンコウ設備

公式サイトはコチラ

マンションの配管は建物よりも耐用年数が少ないので、定期的に修繕が必要となりますが、複雑な配管経路などがあるので、施工には技術力が必要となります。サンコウ設備は給水管の更新等の実績も豊富なので、信頼して任せることができます。

サンコウ設備のサービスは、工事を行う前にしっかりと工事内容や技術的な問題の説明を行い、ご理解をもらってから配管工事を行っています。管理組合の担当者が感じる不明な点や専門的でわかりにくいことなども気軽に質問することが可能です。

給水管や排水管に発生する様々なトラブルを解決してきた実績があるサンコウ設備であれば、難しい工事でもしっかりとした品質の施工を行うことができます。給水方式変更や給水加圧ユニット更新などの対応実績もたくさんあるので、マンションで起こっている設備を相談できます。

総合評価 サービス内容
★★★★★ ★★★★★
利用満足度 利用しやすさ
★★★★★ ★★★★
情報の多さ
★★★★

イエコマ

公式サイトはコチラ

イエコマで給水管の更新を依頼する時は事例を確かめると前後の状態が分かり、作業の内容やかかる費用の目安を知るきっかけにすると便利です。疑問点はサイトのフォームで24時間365日受け付けているため、急ぎの場合でも申し込めるためすぐに解決できます。

給水管の更新を依頼する時は問い合わせると作業の日程を調整し、都合が良い日になるようにしてもらえて安心できます。イエコマは戸建専門のため特化したスタッフが対応し、中間費用がかからないため安くて質が良い作業になるため効果が高いです。

イエコマで給水管の更新をする時は状態によって料金が決められ、問い合わせると調査してから見積もりをしてもらえます。初回は体験価格として通常よりも割安になり、排水管のトラブルがあれば依頼すると悩みを解消できて便利です。

イエコマ

総合評価 サービス内容
★★★★ ★★★★
利用満足度 利用しやすさ
★★★★ ★★★★
情報の多さ
★★★★

株式会社さくらメンテナンス工房

公式サイトはコチラ

株式会社さくらメンテナンス工房は大阪を中心に関西と関東に拠点を構えるホームチェックやリフォームを得意とする会社です。特に住宅向けのサービスが充実しており、株式会社さくらメンテナンス工房が運営しているさくらクラブは人気があります。

さくらクラブに加入すると定額で定期的な住宅のホームチェックとメンテナンスを受けることが可能です。このサービスの中にはもちろん給水管のチェックなども含まれています。株式会社さくらメンテナンス工房では一戸建ての給水管の管理から、集合住宅の給水管の更新までを手掛けています。

給水管の更新に関して、経験と実績が豊かなスタッフがそのノウハウを駆使して対応しています。どのような状態の給水管でも株式会社さくらメンテナンス工房ならきちんと更新することが可能です。

お試し価格★ハウスクリーニングが驚きの3、000円【さくらメンテナンス工房】

総合評価 サービス内容
★★★★ ★★★★
利用満足度 利用しやすさ
★★★★★ ★★★★★
情報の多さ
★★★★

タイコー

公式サイトはコチラ

タイコーは給水管、排水管の更新やリニューアル、設備の保守管理や清掃など水回りに関する業務を行っている企業です。給水管、排水管の塗装は抗菌塗装なので、工事後は汚れもつきにくくなります。早ければ1日で工事は終わります。また、緊急の場合にはサポート業務も行っています。

タイコーはマンションの水回りに関して最新の技術で改修などを行います。さらに保守点検や清掃業務、緊急の対応、点検、診断業務も行います。給水管や排水管の更新、更生工事に関しては、綿密な診断が必要となりますが、タイコーは診断結果を細かく分析してから工事を行うので安心です。

タイコーの給水管、排水管更新工事の手順は、まず研磨剤での研磨で錆を除去、コーティング、温風、温水での養生まで1日で工事を完了することが可能となっています。そして、工事後は1年間保証期間を設けています。

総合評価 サービス内容
★★★★ ★★★
利用満足度 利用しやすさ
★★★ ★★★★
情報の多さ
★★★★★

ビオス

公式サイトはコチラ

東京品川に会社を構えるビオスはビルの給排水管工事のプロフェッショナル集団です。NT工法やDREAM工法などを駆使して、給水管や排水管の更新を行います。その中でもdream工法は排水管などの工事を1日という非常に短期間のうちで完了させることが出来ます。

オフィスビルや大規模な集合住宅内での給水管の更新も、ビオスならその経験と実績を活かして利用者にとって負担とならない工事を施工することが出来ます。ビオスでは給水管の更新外にも、建物内の水回りのトレブルに対してすべて対応を行ってくれます。

24時間どのような状況でもビオスはきちんとフォローに可決してくれます。ビルの総合的なメンテナンスから保守やリフォームをお願いすることもビオスなら可能です。ビオスなら給水管や排水管の工事ならなんでも対応が可能です。

総合評価 サービス内容
★★★★ ★★★
利用満足度 利用しやすさ
★★★★★ ★★★
情報の多さ
★★★★

株式会社コウセイ

公式サイトはコチラ

株式会社コウセイはマンションなどの給水管、排水管の更新、更生工事、給水システムの変更工事を行っています。給水管の更新工事は現在の配管を新しい配管に取り替えて、新築時と同様の状態に戻します。更生工事は既存の配管をそのまま取り替えずに配管内のサビの除去やコーティングを行うことで耐久性を高くするための工事です。

株式会社コウセイの業務は更新、更生の工事だけではなく、配管の老朽度調査もあります。内視鏡を用いたり、汚れの一部分を採取して調査することでサビや汚れの発生状態を調べて老朽度を確認してもらうこともできます。

給水管、排水管更新、更生工事には保証期間があり、塗装が剥がれての漏水や不具合などの状況により、5年ないし10年間の期間を設けています。無料の見積もりは問い合わせてから早ければ翌日には返信してもらうことができます。

総合評価 サービス内容
★★★ ★★★
利用満足度 利用しやすさ
★★★★★ ★★★
情報の多さ
★★★

もし更新工事が必要な状態の給水管がある場合は

特定の施設の管理人として、給水管の状態が気になるなら、ぜひとも業者に見てもらうと良いでしょう。更生工事で済ませることが出来るならそれが一番かもしれませんが、30年ほど時間が経っているようなものは、寿命が来ている可能性があります。そうなると、これからのことを考えて、更新工事を行った方が利口です。更新工事を行うとなると、当然ながらそれなりのお金と時間が必要になります。しかし、寿命のことをこれから考えなくても良くなるので、そのメリットの方が大きいでしょう。住民たちやその施設を利用している人たちも、これから安心して使い続けることができます。お金はかかるものの、それ相応のメリットが待っているので、前向きに検討しておきたいところです。更新工事をお願いするときは、最初の業者選びが重要なので、時間をかけてじっくりと調べたうえで声をかけることをお勧めします。

更新工事が上手な業者を調べるためにも、口コミ情報をうまく確認するようにしておきましょう。現在では、インターネットを活用することによって、非常に多くの情報を手に入れることができます。口コミ情報サイトや人気ランキングサイトを有効活用すると、あっという間に利用者の話に耳を傾けることが可能です。全国規模で調べることができると言うことを考えると、雑誌やテレビなどのメディアよりも、使いやすいといえます。ただ、全国規模で選ばれ続けている工事業者の場合は、どちらにしてもメディアで露出していることが多いので、あまり1つのツールやコンテンツにこだわらず、様々なものをアンテナを広げてチェックしてみると良いでしょう。そうしているうちに、どこの業者にお願いすれば良いのか、徐々に見えてくるようになるはずです。

優秀な業者を厳選することができたら、後はその業者のホームページを見て、今までの給水管の工事の事例などもチェックするのが基本的な流れとなります。本当に有名で信頼できるところであれば、有名な施設の給水管の工事などにも、携わっているはずです。工事では貴重な参考材料になるので、絶対に目を通すようにしておきましょう。また、目安程度にしかなりませんが、ホームページでも更新工事をお願いしたときの料金がどれくらいになるのか、概ね確認できるようになっています。現地で調査に来てもらい、見積もり金額を出してもらうのが基本的な流れとなりますが、それまでの目安としてとりあえず目を通しておくべきです。いろいろな業者の料金表をチェックして、比較した上でどこに声をかけるべきなのかを判断しておいた方が良いでしょう。